カエル税理士の資産税研究ノート

横浜の相続税と事業承継に強い税理士法人、行政書士法人で働く税理士、行政書士、CFP、プライベートバンカーのブログ

FP・PB資格

マネー情報、ファイナンシャルプランニング、資産活用などの情報を紹介。FPの基礎知識も学べます

賃貸不動産経営管理士に合格したらこの資格を仕事でどう生かすのか?

賃貸不動産経営管理士試験とは? 賃貸不動産経営管理士という資格を皆さんご存知でしょうか? 賃貸不動産経営管理士プロモーションビデオ 賃貸不動産経営管理士とは? 読んで字のごとくな感じですが、アパートやマンションなどの賃貸不動産の物件管理と経営…

フリーランスや不動産所得がある人のふるさと納税の限度額計算はどうやるのか解説してみた

年の瀬が近づくとテレビのCMなどでもふるさと納税サイトが放映される機会も増えてくるように思います。 年々、総務省による縛りが厳しくなってきますが、まだまだ節税というかお得な制度であることに変わりがありません。 ふつさとチョイスなどのサイトで…

目指せ億り人!週末投資家として株式投資を始めました

酔った勢いで株投資・・・ FPのSG(スタディグループ)に参加して3年になりますが、FPの集まりですから懇親会などで投資や運用の話題になることもあります。 もちろん投資家として運用している方を講師としてお招きしてお話を伺うこともあったりしま…

FPや士業が突然セミナー講師を頼まれても困らないための行動と習慣

セミナーや勉強会の講師をやるというのも、FPや士業の資格者としての実績としては大切になってきます。でも、なかなかそんな経験ができない、、という意見もあるかもしれません。 私は、4月のFPのスタディグループ(SG)の勉強会の講師に続き、7月に…

賃貸不動産経営管理士の受験対策として読むべき本

3年前の2015年に賃貸不動産経営管理士という資格を取得しました。 https://www.chintaikanrishi.jp/ 当時から国家試験になるかも??なんていう将来有望な資格で注目されてつつあった資格ですが、書店では試験対策の本も増えてきていました。 3年前の…

コンサルタントに向いている人と向いていない人の違いとは??

コンサルタントや監査担当者として向いている人とは? 自分は決してコンサルタントとして結果を出しているわけではありませんが、税理士・FPとして20年近く会計事務所業界でやってきた経験からいうと、監査担当者や税務コンサルタントとして向いている人…

相続ビジネス営業で役に立つ本の紹介

平成27年からの相続税の増税により相続税が身近な税金になるとともに、周辺ビジネスが一気に活気づきました。 相続対策を中心にして、相続予備軍に金融機関や不動産系の会社が群がる感じでしょうか? 商品やサービスの内容もさることながら、対応する営業…

相続税の申告にあたって土地・建物の評価に必要な資料調査とは??

相続税が課税される割合が平成26年までは100人中4人くらいだったのが、27年では100人中8人といわれています。 そんな身近になった相続税ですが、素人が相続税の申告をやるには土地の評価が一番の課題となります。 税理士でも10人いれば、数通…

相続税の基礎知識(財産評価)--相続財産を評価しよう!(土地の評価)

相続税の計算では相続財産の評価が必須の作業となります。 特に土地の評価は独特なものがあり、税理士でも得意不得意が大きく分かれます。 FP技能士の試験でも「相続・事業承継」の科目で財産評価が範囲になっていますので、この機会に復習してみましょう…

ファイナンシャルプランナーのSGで講師デビューしました

GW後半に入って家にいるのでちょこちょことブログをアップしています。 しばらく書いていなかったので、その間のこととか余白を埋めていこうかな…と。 SGで講師をやる? まず、最近の事件としてファイナンシャルプランナーのスタディグループ(通称SG)…

ファイナンシャルプランナー資格では日本FP協会のAFP、CFPをお勧めたい3つの理由

ファイナンシャルプランナー資格には、日本FP協会が認定する「AFP、CFP」の資格と、きんざいでも取得できる1級から3級の「FP技能士」の資格にわかれます。 FP技能士試験は今では統合した形になっていますが、僕らが受験したころは別々の資格体系でした。 当…

FPからのキャリアアップ、スキルアップのためにPB(プライベートバンカー)資格を目指す!

プライベートバンカー資格を目指す 最近、日本証券アナリスト協会のプライベートバンカー資格を目指して勉強しています。 プライベートバンカーって何をする人だろう?? って思いますよね。 日本証券アナリスト協会のHPによると… プライベートバンカー(P…

相続対策でお年寄りにささる言葉の使い方

高齢者というのはなかなか手ごわい交渉相手です。 納得したのかな、、と思うと、そうでもない。 そうかと思うと、何年かたつと不意に動き出したりもする。 気まぐれだし、頑固だし、暖簾に腕押しだし…交渉相手としては結構な強者といえます。 何を言うかより…

分割協議よりも遺言、さらに遺言の限界を知ることで次の提案につなげる

最近勉強会にも参加して研究をすすめている家族信託ですが、今なら競争相手も少ないため、手数料的にもそれなりに見込めるという話もありました。 手数料を稼ぎたいわけではないですが、選択肢の一つとして家族信託は加えておきたいと思っています。 では、…

相続ビジネスに取り組む営業マンが知っておきたいネタ本

相続対策でよく使うキーワードは実は限られていて、ある程度定型化されてきます。 ただ、そうは言っても知らない人は知らないし、知っている人は知っているというのが現実だと思います。 相続コンサルの本も数多く並んでいますが、やはりネタ本にでてくるも…

相続税対策の本は、素人でなくとも読んでおいたほうがよい

相続税対策の本、街中にあふれています。 書店にいけば売られているし、電子書籍などでも読むことはできます。 いつものアマゾンアンリミッドで探して最近読んだ本です。 定額制に申し込んでいる人は無料で読めます。 金持ちファミリーの「相続税」対策 ここ…

FPにもビジネスチャンスあり?家族信託の勉強会に参加してきた

家族信託、民事信託、一般の方にはなじみのない言葉ですが、相続や承継をビジネスと考えている界隈の人たちにはバズっている用語です。 家族信託、民事信託の勉強会 家族信託の勉強会に参加してきました。 司法書士さんが主宰の勉強会ですが、メンバーのほと…

事務所主宰で相続セミナーを開催しました

事務所主催で相続対策セミナーを開催しました。 総括として振り返り 今日の内容は相続対策ということで、普段行っている相続税の業務より少し範囲を広げて、生前贈与、生命保険を使った対策、不動産の対策、遺産分割、遺言、認知症と財産管理というようなテ…

ふるさと納税の落とし穴?ふるさと納税の返礼品にも税金がかかる

ふるさと納税が大ブームです ふるさと納税が倍々ゲームで増加傾向にあるようです。 2,000円で買い物&税金優遇!「ふるさと納税で得する」仕組み #ふるさと納税 https://t.co/SnwN5Fg6dn— 夢をかなえるFP (@financial_tax) February 5, 2017 ふるさと納税…

FPで飯が食えるのか。FPを活かすならマルチ資格をねらえ!

昔はFP、ファイナンシャルプランナーで一旗あげてやろうかと野心めいたものを考えていたこたがあります。 そのころはFPでの独立や業務に関する本をよく読んでました。 僕なりの結論はFP業務の核となる相談業務だけで飯を食うのは難しいということ。 無…

営業やマーケティングツールとしても使える!エンディングノートの活用

終活ブームの中でエンディングノートも話題に 終活とともにエンディングノートも少し前にブームになりました。 これも相続ビジネスとしては、使えるツールだと思います。 さっそく、エンディングノートをワードで作ってみました。 税理士さんや他の士業の方…

相続ビジネスという言い方

今日もこっそりブログのタイトルも変えてしまいました。なんだか何がテーマかよくわからない感じになりました。 さて、相続ビジネスって言い方がありますよね。 営業の人とかに会うと、またか?って感じがします。結局買わせたいわけねっていうのが世の中的…

老人ホームの入居費用は誰の財産?

終の棲家は住み慣れた我が家で…というのは昔の話でしょうか。最近はサービス付高齢者住宅という選択肢も増えて、最期は施設でという方も多いと思います。最近受けた相続税のお仕事もお子さんのいないご夫妻でそれぞれ別の施設に入居されていました。老人ホー…

老後資金は節税しながらiDeCoで積立てる

年末調整、確定申告時期は資産見直しのチャンス この時期になると年末調整の資料が届き始めます。 生命保険などの保険料控除証明書というやつです。 保険の控除額を計算してみましょう 生命保険料については最大で12万円の控除になります。 生命保険、個人…

相続ビジネス作戦会議

ここ数日、相続セミナー開催の準備をしています。 実際にはもっと大きな枠でのビジネスの作りこみです。 弊社の売り上げに占める相続税の申告報酬の割合は、前期決算で約3割です。 税理士法人を立ち上げたときは数%だったと思いますので、飛躍的に伸びま…

資産税:相続ビジネス花盛り?思いついた相続セミナーのタイトル

相続セミナーで、とりあえず思いついたのはこんなセミナータイトルです。 相続の基本的な考え方 相続対策の全体像 揉めない相続と対策事例 エンディングノート、遺言の書き方 自分でできる財産目録の作成と相続税シミュレーション 遺産分割と相続手続きの進…

相続税の申告報酬、安いには安い理由がある

士業でもマーケティング戦略が必要 どんな企業でも重要になるのがマーケティングです。 マーケティングというと大企業の問題のような気がしますが、実は中小企業でもマーケティングは重要です。 むしろ小さな会社ほどマーケティングの考え方をいれていかない…

地味にすごい積立、分散、長期投資

FPのセミナー受講してきました 昨日は、日本FP協会東京支部と東京商工会議所が共催した資産形成セミナーを聴講してきました。 こういった投資セミナーは50代、60代の退職前後の方が多い印象があるのですが、参加者の3割くらいは40代ということで…

【土地評価】道路じゃないのに路線価がついている土地はどうするの?

最近、当社で行う土地の評価で道路の付き方がおかしいものがよく登場します。一つの筆の真ん中に道路が通っているケース、マンションの敷地の一部が道路になっているケース、細い路地でセットバックしているのか、道路に提供しているのかよくわからないケー…

遺言がある場合の基礎控除は

相続税がぎりぎりかかりそうで…という相談が時々あります。年配の相続人が自分で計算して相続税がぎりぎりかかりそうという判断をするケースは、結果として二つになるパターンが多いように思います。「基本的な計算を間違っていて相続税の基礎控除以下に落ち…

【SPONSOR LINK】