カエル税理士の資格ライフ.com

横浜の相続税と事業承継に強い税理士法人、行政書士法人で働く税理士、行政書士、CFP、プライベートバンカーのブログ

仕事術・勉強術

仕事術、勉強術などの気づきの記録や読書録などを紹介しています。

3連休でやる気スイッチON!AmazonKindleで「やる気クエスト」を読んでみた

AmazonKindleの定額サービス-アンリミッドで無料というか定額料金で読めるので「やるきクエスト」というマンガを読んでみました。 ブログを中心に活動しているようで、このマンガも出版社を通さずにKindleで電子書籍化しているようです。 jun0424.com…

士業、専門家として知的生産性を高めることに挑戦してみる

ホワイトカラーの仕事は成長を可視化しにくい 税理士だけでなくホワイトカラー的な仕事ではスキルアップや成長が可視化しにくいという傾向があります。 その中でも割と可視化しやすいのは事務処理能力でしょうか。 実務的な作業効率をあげたり、ミスを少なく…

士業事務所の戦略において営業エリアをどう考えるか?を検討してみた

士業事務所は営業エリアに対して戦略をもっているのか? 税理士事務所や会計事務所、はたまた様々な他士業の事務所では自社の営業エリアについて戦略的に考えることはあるでしょうか。 自分で開拓するのは近隣の会社などになるのでしょうが、ご紹介のお客様…

美人弁護士さんが講師の相続勉強会に参加してきた件

SNSに書くなら美人講師で可愛い弁護士だったと紹介してくださいとのことだったので、そのとおりに書かせていただきました。 というと、美人ではなかったのか?と思われてしまいますが、実際にはかわいらしい感じの好感のもてる弁護士さんでした。 生前対策の…

知識から問題解決へ!専門家として「私たちはどう生きるか」

税理士など士業の業務で悩みどころになるのが、「広く浅く学ぶのか」、「一つのことを掘り下げるのか」という話になると思います。 僕自身は非常に飽きっぽい人間だと自覚しているので一つのことを掘り下げるのは難しいと自分のことは分析しています。 T型…

立ちはだかる無力感の壁を乗り越えるただ一つの方法とは?

ライスワークとライフワーク、どちらを選ぶ? 昔のことを思い出すと、いつも無力な自分の姿が目に浮かびます。 別にお金が欲しくてやっている仕事ではないけど、気が付くとお金のためや生活のために仕事をしているような錯覚を感じることがあります。 誰が言…

税務判断もグレーゾーン、人生もグレーゾーンでいいんじゃない?

自分らしく生きること 10月からスタートしたドラマ、下町ロケットを毎週みています。 モノづくりにかけるオジサンたちの山あり谷ありのストーリーなのですが、働くってことを再認識させられる部分もあります。 働き方改革なんて言葉が先行していますが、今…

結果にコミットできますか!?士業事務所で取り組むべき4つのビジネスモデル

士業といえどもビジネスであり、サービス業である・・こんな当たり前のことですが、なかなかできていない事務所も多いのではないでしょうか? ビジネスといえばそれぞれの事務所ごとに強みや特色を出していかないと勝ち残れないのが世の常ですが、まずはどん…

時間は過去から流れているのか、未来から流れているのか??

時間の流れの概念について考えたことがあるか? 最近、少しだけ時間の概念について考える機会がありました。 苫米地英人氏の書籍ででてくる概念ですが、未来から流れているという考え方もしっくりときます。 それでも、過去から流れているのかというのも捨て…

自分流の働き方改革!生き方や仕事の取り組み方を変えてみる

人生100年時代とはいえ、65歳まで働くとなると45歳というとちょうど社会人人生の半分を過ぎたところといえるでだろう。 後ろを振り返るのは自分らしくないが、40代半ばになって過去を振りかえったり、道が見えなくて途方にくれたり、ということが増…

アマゾンアンリミテッドでブログ運営ノウハウ本を読んでみた

Amazon kindleが読書の中心に! 電子書籍にもだいぶ慣れてきて、kindleもいくつか端末を使い分けています。 寝る前はなるべくバックライトがないものだったり、マンガも実はマンガモデルよりもfireタブレットを使ったほうが読みやすかったり…

FPや士業が突然セミナー講師を頼まれても困らないための行動と習慣

セミナーや勉強会の講師をやるというのも、FPや士業の資格者としての実績としては大切になってきます。でも、なかなかそんな経験ができない、、という意見もあるかもしれません。 私は、4月のFPのスタディグループ(SG)の勉強会の講師に続き、7月に…

主婦パートが税理士法人、会計事務所で働くには?仕事と家庭の両立はできるのか?

今日は午前中、友人の葬儀に参列してきて、帰宅後はビズアップ総研の研修動画をみていました。 研修動画は、主婦パートの戦力化をしている浜松の会計事務所の事例を3本。 9時間なのですが、倍速でみているので実際には半分の時間です。 なぜ、主婦パートを…

ディズニーのキャストのように働くことを楽しむ働き方を身に着けたい

ディズニーランド、最近行っていないな…。って最近思います。 子どもや若者のための夢の国、というわけではないですが、大人になってしばらくすると足が遠のいていることに気が付きます。 最近はなぜかお城やらお寺巡りばかりでして・・・ でも、ディズニー…

成功者になれば幸せなのか?自分なりに考えた答えは…

ブログの更新をせずに1か月以上、精神の旅にでていました。 精神の旅へ この1か月さまよっていたのは成功者になれば幸せなのか?ということです。 もちろん、成功という意味は人によって異なります。 資格で飯をくう我々士業にとっては、試験に合格して実…

もう頑張れない!と思ったときに試したスキル

5月病という言葉があったり、燃え尽き症候群という言葉があったり、我々専門家の仕事もいいときはいいけど、ちょっと凹んだときは結構落ちていくことがあります。 もう頑張れない!って思うことありませんか? 税理士の仕事も特に組織に属していると、スト…

資産税を得意にしたい税理士にお勧めする資格とは何か?

試験組になりますが、税理士にはまず2つのタイプがあると思います。 税理士試験の合格がゴールでその後はあまり努力をしない人と、税理士試験の合格をスタートラインと考えて受験時代と同じくらいかそれ以上に努力する人。 まあ努力の方向はいろいろあると…

小さな会社の経理の仕事を探す前に読んでおきたい本

実は税理士や会計事務所職員は経理をしらないという現実 税理士や会計事務所のスタッフは経理まわりのことはよく知っている、と思う人は多いと思います。 でも、実際に会社の経理の仕事を経験した人は少なくて、プロパーの職員はほとんど顧問先企業を通じて…

税理士やFP、PB担当者が相続手続きに強くなるために読んでおく本

今日も大学の図書館に行って勉強してきました。 本日のテーマは相続税の申告と土地評価について、そちらについては後ほど記載するとして… 今回は少し早めに終了して横浜駅の大きめの書店である有隣堂で本を購入してきました。 今回購入してきたのはこの2冊で…

税理士が家族信託(民事信託)に取り組む前に読んでおきたい本

最近話題の家族信託、うちの事務所でも今度セミナーを開催する予定です。 でも家族信託や民事信託、きちんと勉強しておかないと怖いよね、、というのが実はあって、税理士事務所単独で組成するよりも司法書士とタイアップしたほうがよさそうに思っています。…

コンサルタントに向いている人と向いていない人の違いとは??

コンサルタントや監査担当者として向いている人とは? 自分は決してコンサルタントとして結果を出しているわけではありませんが、税理士・FPとして20年近く会計事務所業界でやってきた経験からいうと、監査担当者や税務コンサルタントとして向いている人…

会計事務所も未来志向で仕事に取り組むべき??

未来志向の仕事へ 未来会計と過去会計という話があります。 会計事務所の仕事は過去のデータをまとめる作業が中心で、過去志向の仕事になっています。 しかし、これからは未来志向で仕事に取り組まないといけない、、税理士向けのセミナーでは口々にそういわ…

週末は大学へ行こう!母校の図書館が無料の自習室として使える??

独学派の皆さん、勉強場所に困りませんか?? 自宅だとなかなか勉強がはかどらないし、資格学校の自習室は受講していないと使えない、、社会人の資格受験生、特に独学派にとっては勉強場所の確保は死活問題です。 今日はやる気満々と思って自宅で勉強を始め…

お客様と一緒に成長するのが士業やコンサルタントの仕事の醍醐味!

小さく産んで大きく育てる? 数年前に顧問先のドクターの紹介で親戚の弁護士の先生の顧問の依頼がありました。 個人の若手の弁護士の先生ですし、なかなか顧問料をたくさんいただくわけにもいきません。 まあ古くからの顧問先のドクターの親戚ですから、半ば…

広告に騙されるな?資格の勉強はすぐに始めてはいけない!

自分の経験ですが、たまに火がついて資格の勉強を始めたくなるときがあります。 ユーキャンのCMってそんな時期に集中して流れてますよね。 一年を始まりのお正月の時期とか、年度の変わり目とか、絶対に目にはいる頻度は高くなるはずです。 ただちょっと冷静…

中高生は何のために勉強するのか?先に生まれただけの僕を観て思ったこと

櫻井翔くんのドラマで高校生から聞かれて困るというシーンがありましたが、中高生は何のために数学や英語、古文などの勉強をしなければならないのでしょうか… www.ntv.co.jp 学校の勉強は社会にでて役に立つのか? 数学や英語、国語などは実際に社会にでて役…

納税者単位からファミリー単位の支援へ

当社では従来、納税者単位での顧客管理をしていましたが、今回ファミリー単位の支援に切り替えました。 会計事務所の顧問先といえば個人と法人、確定申告や会社の申告などで、納税者単位での管理をするのが基本です。 通常の管理ではこれが基本ですが、最近…

弁護士先生との付き合いかた、連携の仕方を考えてみた

ブログを見てくれてありがとうございます。蛙です。 相続に強い税理士として重要となるのが、他士業や他業種との連携やコラボです。 法律分野は特に縦割りになっているので、得意不得意が割と別れやすい分野です。 士業の業際もあり、トラブルのもとにもなる…

税理士の能力のピーク年齢は?

お疲れ様です。蛙です。 アクセスが意外にあるようなので、編集し直してみました。 元の記事は2015年8月のものです。 最近読んだ雑誌の記事で30代で会計税務の専門家としてのピークは過ぎたというのをみました。 税務弘報 2015年 09 月号 [雑誌] 出版社/メー…

相続業務を所長だけでやるか、事務所全体で取り組むのか

事務所運営にあたって考えないといけないのが、「相続税や相続対策などの資産税に事務所全体で取り組むのか、所長先生だけでやるのか、プロジェクトチーム的に専担者を決めて取り組むのか」という話です。 資産税だけではなく、新しいことに取り組む場合に絶…

【SPONSOR LINK】