資格ライフ.COM NO LISENSE NO LIFE

士業、コンサルタントとして生きるために自分がやってきたこと、仲間と一緒にこれからやりたいこと

新人実務家のための簿記入門(9)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

売掛金と買掛金

・商品を掛で販売し、その回収を行った場合には売掛金勘定に記入します。

ただし、売掛金勘定への記録だけでは得意先ごとの発生や回収、未収額を把握することはできません。

そこで得意先ごとの明細を記入するための補助簿として「得意先元帳」に記入することになります。

・反対に商品を掛で購入した場合には、「仕入先元帳」という補助簿の記入を行うことになります。

・このように勘定口座として得意先名や仕入先名を用いたものを人名勘定と呼びます。

◆売上帳と仕入帳

・仕入を管理する補助簿を仕入帳といいます。

 仕入帳には「摘要欄」「内訳欄」「金額」があり、帳簿の締め切りはまず総仕入高を集計して記載し、そこから仕入戻し高と仕入値引高を差し引き、純仕入高を記入します。

・売上を管理する補助簿を売上帳といいます。

 売上帳には「摘要欄」「内訳欄」「金額」があり、帳簿の締め切りはまず総売上高を集計して記載し、そこから売上戻し高と売上値引高を差し引き、純仕入高を記入します。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 ↑ ↑ ↑           ↑ ↑ ↑

ランキングに参加しています。ご協力いただける方はクリックを!!

【SPONSOR LINK】