資格ライフ.COM NO LISENSE NO LIFE

士業、コンサルタントとして生きるために自分がやってきたこと、仲間と一緒にこれからやりたいこと

不動産にかかわる法律に触れてみよう!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

不動産に関わる法律には様々な種類があります。

不動産は様々な法律に守られているとともに規制を受けています。

その不動産に関する法律としてはまず、民法があげられます。

民法は不動産にかかわらず生活全般に関するものではありますが、

不動産取引やご近所関係などを始めとして様々な取り扱いの原則は民法に則ることになっています。

民法は大きく分けて「家族法」と「財産法」の二つにから構成されています。

家族法」は、親族関係や相続を規定したものであり、

「財産法」は、財産権(物件と債権)について定めています。

・土地や建物については、

この民法の原則のほか、様々な例外によって規制されています。

この規制の代表的なものが下記に紹介するものです。

①総合的な制限

 都市計画法

②宅地造成に関する制限

 都市計画法、宅地造成等規正法、土地区画整理法

③建物の建築に関する制限

 都市計画法建築基準法

④取引に関する制限

 農地法国土利用計画法

⑤借地借家に関する制限

 借地借家法

【SPONSOR LINK】