資格ライフ.COM NO LISENSE NO LIFE

士業、コンサルタントとして生きるために自分がやってきたこと、仲間と一緒にこれからやりたいこと

総合経済対策で減税路線を打ち出すが…

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

毎日新聞によると、「政府・与党は29日、高速道路料金引き下げや中小企業の資金繰り支援などを柱とした総合経済対策「安心実現のための緊急総合対策」を決定した。中低所得者向けに所得税や住民税を一定額軽減する定額減税は、単年度の措置として08年度内に実施する方針を盛り込んだが、減税規模や具体的な手法は年末の税制改正に先送りした。」とのことです。

経済対策の事業規模は、08年度予算で措置済みの部分を除き総額11.5兆円。

国の財政支出は1.8兆円で、臨時国会に提出する08年度補正予算に計上することになります。

中小企業の資金繰り対策だけでも予算は9兆1000億円となります。

予算規模は膨らんでいますが、これは信用保証制度などに使われることになります。

逆に中小企業の資金繰り対策以外の予算は2兆円くらい。

総額10兆を超える規模という割に実質はこれぐらいのものです。

公明党が主張した定額減税についても盛り込まれる模様です。

定額減税とは、確定申告で計算した税額から一定の金額を控除するというもの。

定率減税が、税額に一定率を掛けた金額を控除するものであるから、定額減税のほうが税金が多い人も少ない人も同じ額が控除されることになるため、所得が少ない人がより恩恵を受けることになります。

ただし、定額減税分を消費に回してほしいという思惑に反して、将来的な安心がないままでは貯蓄にまわり、内需の拡大にはつながらないという見方もあります。

さて、年末の税制改正で減税路線を打ち出して国民の支持率を向上させ、1月に解散総選挙…というのが青写真ですが、どうなるものやら??

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 

↑↑ランキングに参加しています。ご協力いただける方はクリックを!!

【SPONSOR LINK】