資格ライフ.COM NO LISENSE NO LIFE

士業、コンサルタントとして生きるために自分がやってきたこと、仲間と一緒にこれからやりたいこと

アウトソーシング型から運用コンサル型へ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

従来の会計事務所の業務はアウトソーシング型の仕事、帳簿作成や決算申告の業務を外注されて請け負うという仕事でした。

オフコン時代に小規模な企業を中心にして薄利多売で業務をするにはこの仕事の進め方はよかったのではないでしょうか?

今後、中心になるのは導入、運用支援型の仕事です。

パソコンや会計ソフトも低価格になり、会社が自社で処理ができる時代になりました。

今後は、どうやって会計ソフトを導入するか、毎月の支援をしてもらえるのかが求められます。

また、少し大きな企業では申告書の作成まで自社で行っていますから、会計ソフトだけでなく税務申告ソフトの導入も増えるでしょう。

小規模零細企業の市場規模が縮小するなか、中堅企業の経理部に会計事務所も食い込んでいかなければならないのです。

会計ソフトの導入コンサルに強い会計事務所が、今後は生き残れるのかもしれませんね。

ペタしてね

【SPONSOR LINK】