資格ライフ.COM NO LISENSE NO LIFE

士業、コンサルタントとして生きるために自分がやってきたこと、仲間と一緒にこれからやりたいこと

月次決算で財務データの正確性を高める

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

最新の財務データの正確性を確保するためには、月次決算を早く、正しく行う必要があります。

そのためには、自社の経理体制を整えるとともに会計事務所によるサポートも重要となります。

会計事務所のサポートは、月次巡回監査と呼ばれる定期訪問が望ましいといえます。

自社で入力した財務データを、第三者である会計税務の専門家がチェックすることで処理を誤りを防ぐとともに、データの客観性を保つことができます。

データは早く正確に整うことは、社長の判断を早く的確に行う手助けになるだけでなく、税務署や金融機関等からも信頼性のある会計データ、決算書として高く評価されるメリットもあります。

また、月次決算の制度をあげるためには売上や仕入を実現主義や発生主義等に基づいて正しいタイミングで計上することや月末棚卸の処理、減価償却費の月次概算計上などを実施する必要があります。

月次決算を年次決算の精度に近づけるためには、これらが正しく実践できる仕組みづくりが大切です。

【SPONSOR LINK】