カエル税理士の資産税研究ノート

横浜の相続税と事業承継に強い税理士法人、行政書士法人で働く税理士、行政書士、CFP、プライベートバンカーのブログ

レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』

レバレッジシリーズで知られる本田直之さんの著書、レバレッジ・マネジメント。

レバレッジとはてこの原理のことで、少ない力で大きな成果をあげること。

勉強法や読書、人脈‥など今までは個人の活動にフォーカスしてきていましたが、この本では組織としてどうすべきか、経営者としてどうすべきかという視点でかかれています。

内容としては、経営者・戦略・営業・ブランド・仕組み化・組織という6つのテーマにいくつかのサブテーマがそれぞれ設けられています。

今回、読んでみて微妙なデジャブだったのは、他の本で既出の話が多かったせいなのか、本屋で立ち読みしたのか、自分で一度読んだ本だったのか…。

今までのレバレッジシリーズのエッセンスは多分に含まれており、総集編的な感じもあります。

それは著者自身がもともと経営者としての成功体験をネタにしているということに通じるのかもしれません。

レバレッジは、小さな努力で大きな成果を得ることが目的ですから、社長自ら陣頭指揮をとって社員の3倍がんばるぞっていうモーレツ社長さんではなく、社長は人脈と仕組みづくり、戦略作りなどの社長としての仕事に集中して成長できる体制をつくりましょうっということをいろいろな角度から紹介されている本です。

【SPONSOR LINK】