資格ライフ.COM No License,No Life

横浜の税理士法人、会計事務所で働く税理士、行政書士、CFP、プライベートバンカーのブログ

インターネットで性格判断をやってみると…

職場で性格診断をやるということがありました。

そういえば就職活動とかで昔やったことがあるかな?と思うのですが、今回は職場の人材が多様化するなかで働く仲間や相手を理解して受け入れようというような趣旨だったようです。

エニアグラムの簡易診断をやってみた

www.enneagram.ne.jp

エニアグラムを学ぶ目的としては、日本エニアグラム学会のHPでは次のように紹介されています。

エニアグラムを学ぶ目的としては、次の2点が挙げられます。

  • 自分を理解すること(自分の中の何を伸ばし何を改めるべきかを知る)
  • 他人を理解すること(他人とよりよい関係をもつこと)

「自分」とは、いったい何か? 自分の中のどこが傷つき、何ゆえに悩むのか、という問いは、誰もが抱く素朴な疑問です。この問いは、自分を理解すること(自己理解)への意欲へとつながり、自己理解がすすめば自己成長へとつながり、それが、自分や身近な人に対する愛や寛容が身についていく可能性が出てきます。

エニアグラムを理解することで、主に次の3点の面で自分自身に効用がもたらされる可能性が高まります。

  • 自己理解と自己受容が深まる。
  • 自己理解と自己受容が深まるにつれ、他者理解、他者受容ができるようになり、人間関係の改善につながる。
  • 人間としての成長のしかたが分かり、自分をよりよく活かす、自己実現を目指せる。

最終的に、私たちは「幸せになる」ためにこの世を生きており、そのためにも「豊かな人間関係」は不可欠です。そしてエニアグラムは、その「豊かな人間関係」を築くための有力な実践ツールです。

 

僕が当てはまったのはタイプ5の「調べる人」という性質で、これが他の性質に比べて極端に大きくでていました。

www.enneagram.ne.jp

だからどうこうというわけでもないですが、専門家や研究者タイプということでちょっと一安心。

もしかしたら後天的に、仕事を通じて身に付いた性質なのかもしれませんが、とにかく専門家の仕事が向いている、、ということなのでしょう。

自分を理解し、自分と向き合い、うまく付き合うことが大事

もちろん、いい面と悪い面があるようで、せっかくなのでこのエニアグラムに関する書籍を購入して読んでみました。

 

9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係 (PHP文庫)

9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係 (PHP文庫)

 

自分のタイプでもある5の調べる人は、知識があり、冷静な分析ができ、判断力もある反面で人と交わり、感情を分かち合うことが苦手です。それは、子供のころからの性格でした。

このタイプはどう変わるといいのか…そんなことも書いていました。

  • 突発的なことに慣れ、心の動揺に強くなる
  • 諦めずにチャレンジする精神を培う
  • 人の集まる場所で自分を披露してみる

こんなことをやってみるとうまく自分が変われるようです…

思い当たることもあるし、妻からもいつも言われているようなこともありました。

こんな感じで、自分の性格を理解して、自分と向き合い、対処法も知って自分の性格とうまくつきあうことが大事なのかな…なんて思いました。

今日1日でちょっと気持ちが軽くなった気分です。

もう一つの性格診断 

調べてみると同じような性格診断のサイトがいくつもあり、面白いのでいくつかやってみました。

アメリカで権威のある16の性格にわけるというものもやってみました。

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities

 

その診断結果で僕はINTJ型のようです。

それで考えてみると結構面倒な奴…と自分で思ってしまいます。

逆にこんな面倒な奴と15年も一緒にいる妻は結構えらい人なんじゃないか、と感謝の思いがしてきました。

 

今日1日いろいろ考えていましたが、自分の性格や性質を知ることは確かに大事ですが、それに振り回されたり固執してはいけないと思います。

仕事や社会性格を通じて本質的な部分は変わらなくても多少は変質してくるようです。

一方で本来の性格を知らずに別の人格を演じ続けるとそれはそれでストレスになるでしょう。

結局は強みと弱みをしったうえでどうするのか、いわゆるSWOT分析のようなものを自分なりに行って、人生にいかすということが大切なのかなという結論です。

 

“建築家”型の性格 (INTJ-A / INTJ-T) | 16Personalities

 

“建築家”型の性格 (INTJ-A / INTJ-T)

この上なく孤独、そして最も希少で戦略に長けている性格タイプのひとつで、建築家型の人達自身、これをすべて痛いほど感じています。

全人口のわずか2%を占めていて、特に女性が珍しく、全人口のたった0.8%です。自分と同じ考えを持ち、その飽くなき知的追求心や、まるでチェス試合のような駆け引きについていける人を見つけるのに苦労することが多いのです。

想像力が豊かな一方で決断力があり、野心に溢れている反面、引っ込み思案で、驚くほど好奇心がありますが、エネルギーを浪費しません。

 

正しい心構えを持てば、必ず目標達成できる

生まれつき知識欲が強く、それは若年期に現れ、子どもの頃に、よく「本の虫」と呼ばれています。

侮辱としてこう呼ばれているのかもしれませんが、このあだ名が自分にぴったりだと自覚するどころか、それを誇りにさえ感じ、自分が持つ幅広く深い知識体系を大いに楽しんでいます。また、持ち前の知識を喜んで他人と共有する一面もあり、選んだテーマについて熟知しているという自信がありますが、その直感型および計画型の気質により、持論をゴシップのような「つまらない」娯楽のための話題として共有するのではなく、その分野の中で、見事な計画を立てて実際に役立てることを好みます。

意見は認められない。情報に基づいた意見は認められる。誰も無知になる資格はない。Harlan Ellison大抵の人には理屈に合わなく見えますが、建築家型の人達は、明らかな矛盾であっても、それが少なくとも純粋に合理的な観点から見た時に、完全に理に適っている場合、それに従って生きることができます。例えば、最も夢想的な理想主義者であると同時に、最も辛口な皮肉屋でもあります。あり得ないほど相対する性質のように見えますが、これは、建築家型の人達が、知性を活かして努力し熟考することで、あらゆる物事が可能になると信じている反面、同時に、人はあまりにも怠惰で浅はか、または利己的なため、実際にこうした素晴らしい結末には至らないと信じているためです。しかし、現実に対してこうした冷笑的な見方をしてはいますが、いったん何かに興味を持つと、それに関連すると信じる物事を成し遂げます。

 

主義のためには岩のように立ち上がれ

自信と謎に満ちたオーラを放ち、持ち前の鋭い観察力や独創的なアイデア、驚異の論法を活かして、確固たる意志と腹芸で変更を成し遂げます。それが時には、触れるアイデアやシステムすべてを、完璧主義的な感覚や道徳感覚さえ用いて、夢中になって分解し、再構築しているかのように見えます。こうした過程についていけるだけの才能がない人や、さらに悪いことに、その趣旨を理解できない人は、すぐに、そして永遠に建築家型の人達に対する敬意を失います。規則や制限、伝統は、建築家型の人達が忌み嫌うものです。あらゆる物事は、疑問視され再評価される余地があるべきだと考えていて、機会を見つけると、論理的に優れ、時には配慮に欠けた、そしてほぼ例外なく型破りな自らの方法やアイデアを一方的に成立させます。これは衝動的なわけではありません。建築家型の人達にとっては、最終目標がどんなに魅力的になろうとも、必ず理に適っていなければならず、全てのアイデアは、その出所が自分自身か他人かにかかわらず、絶えず「これは機能するだろうか?」という断固たる目で検証されるべきなのです。このメカニズムは、あらゆる物事や人々に対して常に適用され、これが元でトラブルに直面することも多くあります。

 

一人旅でより自分と向き合える

建築家型の人達は、才能に溢れ、時間をかけて咀嚼してきた知識体系に自信を持っていますが、残念ながら、そのテーマに社会的な取り決めが含まれることはほぼありません。真実と奥深い知識を追求するタイプの人にとって、罪のない嘘や世間話そのものが聞くに堪えがたいものですが、建築家型の人達は、多くの社会的な習慣を実に愚かだとさえ見ています。しかし皮肉にも、注目を浴びることなく、親しい仲間と共に作業できる、自分にとって心地良い環境にとどまることが、建築家型の人達にとって最も良い場合が多いのも事実です。こうした環境では、生まれ持った自信がみなぎり、異性または同じような気質と関心を持つ人々を惹きつけられるのです。建築家型の人達は、人生を巨大なチェス盤と捉えていて、知性を活かしてじっくり考えながら絶えず駒を移動し、常に新しい戦略や戦術、危機管理計画を評価しながら、先手を打って状況をコントロールし続け、自分の動きを最大限に確保します。これは、建築家型の人達が良識を顧みずに行動しているわけではありませんが、道理型の人達の多くには、建築家型の人達の感情的な行動を嫌う性質が、心無いように映るかもしれません。架空の悪役(または誤解されたヒーロー)の多くが、建築家型の人達をモデルにしているのは、このためです。 

 

seikaku7.com

【SPONSOR LINK】