業績検討会の開催を考える…

お疲れ様です。

横浜で働く税理士です。

さて、今日は業績検討会の開催について検討していました。

どうすれば、

中小企業の経営者にとって効果的な業績検討会ができるのか??

そして、

それをどうやって、

当社のスタッフに行ってもらえるのか…

自分自身で効果的な業績検討会を行うだけなら、なんとかできるかもしれない。

でもあまりにも負担が増えると監査担当者に受け入れてもらえない…

当社では従来、仮決算という形のものを行ってきました。

今の業績のまま、この調子で決算を迎えるとこうなります…

という形のものです。

決算の予測をして、

納税予測をするというもので、

これはそれなりに効果があります。

今日、僕が考えたものはこれらに加えて、

9ヶ月の実績をもとに業績を分析し、

残りの2ヶ月間なにをすべきか、

来期に向けてどういう方針でいくか…

というものをお客様である経営者の皆様に考えてもらえないか…

当社としてそれをどうサポートできるのかを考えるべきではないかということ。

会計事務所である程度のものを作りこんでいくと、

どうしても嘘っぽいものになってしまいます。

それよりは、

ある程度は虫食いの状態で作成して、

経営者の皆様と一緒に当社のスタッフが考えていく。

その場で結論がでないものは、

当社のスタッフが帰ったあとでも、

ときどき経営者の皆様がそれを見返してもう一度考えてみる…

我々は、経営者の皆様が経営について考えるきっかけを与えるに過ぎない。

経営者は、

虫食いの状態の資料を何度も見返して、

空白を埋めていくことで経営者として進化していく…

そんな経営ツールをお客様に提供したい…

そう思っています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

ランキングに参加しています。ご協力いただける方はクリックをお願いします。

【SPONSOR LINK】