資格ライフ.COM 

趣味で学ぶ資産運用と資産税実務‐TaxAccounting&Financial Planning From Yokohama

不動産所得の節税対策

f:id:financial-tax:20201005213206j:plain

不動産売却時の課税の特例ってどんなの?

 

不動産売却時の課税の特例としては下記のものがあります。

 

・居住用の3000万円特別控除

・居住用の軽減税率

・居住用の買い替え特例

・居住用の譲渡損失の繰越控除

・収用等の課税の特例

・土地の有効利用等の課税の特例…

 

いずれも適用するためには要件があったり、確定申告書の記載が要件であったりするので適用にあたっては税理士や最寄の税務署等に問い合わせをしてください。

 

不動産の節税法とは?

不動産所得での節税方法として代表的なものは次のようになります。

青色申告特別控除を受ける

不動産についての節税方法は、まず帳簿をしっかり書くことにより「青色申告特別控除」の適用をうけること。

専従者給与の特例を受ける

 妻などに不動産経営を依頼する場合には「青色事業専従者給与」や「事業専従者控除」の適用を考えます。

費用の計上をもらさずに行う。

不動産経営に関する経費は領収証をなくさずに保存すること…などにより所得税の節税が可能になります。

領収証の保存と帳簿記入でとことん経費で落としましょう!

不動産管理法人を設立する。

この他、「不動産管理法人を設立」することも有効な節税法のひとつですが、管理法人の所得にできる部分も制限があります。

その他

さらに固定資産税や相続税の評価をさげるためには、不動産の配置や道路付けなどを工夫することも有効であるといわれています。

【SPONSOR LINK】