カエル税理士の資格ライフ.com

目指せ会計事務所2.0!成功よりもお客様の真のハピネスを心から願い、「学び、成長し、貢献する」という3つのサイクルでお客様に寄り添います!

BlogでFP講座「ライフプランと資金計画2」

1.年代別プランニングアドバイス

 「20代」

・社会的自立期、ファイナンシャルプランニングのスタート

・貯蓄の習慣、運用、保険、カードなどの知識を身につける。

・結婚資金の準備を検討する。

「30代」

・家族形成期、ライフプランが多様化

・住宅、出産、教育費用準備、遺族保障の準備

「40代」

・家計成熟期、教育資金などで資金繰り悪化の懸念。

・住宅ローン、教育資金の捻出が課題

・老後資金準備、保険と住宅ローンの見直し

「50代」

・家計成熟期

・子供の年齢によって教育費用からの開放

・老後資金の本格準備が始まる。

「60代」

・老後前期

・退職金運用、年金受取、ローン残債の処理

・医療、介護費用の充実を図る。

「70代」

・老後後期

・財産管理、遺言準備

 

 

2.ライフプラン作成ツール

 FPの目的は、「顧客のライフデザインとライフプランを達成させる」ことにあります。

 ライフデザインとライフプランを達成ってなんだそりゃ?ですよね。

 なんだか抽象的ですね。

※ライフデザイン=人の生き方のこと

※ライフプラン=ライフデザインにあわせて個人や家族の人生設計をしていくこと。暮らし方に関するプランニング

・3つのライフプラン作成ツール

 AFPの提案書でも用いられるように、ライフプラン作成のために次の3つのツールを効果的に利用することになります。

「ライフイベント表」

 将来の予定や願望を時系列でまとめたもの

「キャッシュフロー表」

 現在の収支などをもとに、将来の収支状況や資金残高を表にしたもの

「個人バランスシート」

 資産と負債などを表した表、時価ベースで集計するのが特徴

 

 

3.キャッシュフロー表の作成で用いる計算

 キャッシュフロー表は、将来の予測による計算を行うこととなり、その正確性や客観性が非常に重要になります。

 そのために各種の係数計算を行うこととなります。

 

 実際のキャッシュフロー表の作成にあたってはこれらの係数を活用してシミュレーションをたてていきます。

「何年後にいくら必要でどのくらいの率で運用できるなら、

 毎月(毎年)いくら積み立てていけばいいのか…」

 などのケースで役に立ちます。

 

 資格試験だけでなく実務的にも役に立つので、しっかりと使い方をマスターしておきましょう。

◆終価係数=現在の額から将来の額を求めるときに用いる

…○年後の予想額=現在の金額×(1+変動率~経過年数乗)

◆現価係数=将来の額から現在の額を求めるときに用いる

…現在価値=将来の時点での金額÷(1+変動率~経過年数乗)

◆貯蓄残高=前年貯蓄残高×(1+運用率)+-当年の収支

◆上記のほか

・減債基金係数…将来の目標額から毎年必要な積立金を求めるとき

・資金回収係数…現在の額から将来受け取れる年金額を求めるとき

・年金終価係数…毎年の積立額から将来受け取れる額を求めるとき

・年金現価係数…将来の年金額から現在必要な額を求めるとき

・資本回収係数…現在の金額を取り崩して年金額を求めるとき(年間の返済額計画など)

 

 

4.可処分所得の計算

・キャッシュフロー表は資金収支を把握するために利用するため、作成する上では収入金額は手取り額ベースとなる。

・税制や社会保険などは改正の可能性もありますが、現在の制度で作成することになります。社会保険料はだいたい税込給与の13%くらいといわれています。

・手取額=可処分所得

 →「税込収入金額-(税額+社会保険料)」で計算する。

 

f:id:financial-tax:20170614224908p:plain

 

【SPONSOR LINK】