資格ライフ.COM 

趣味で学ぶ資産運用と資産税実務‐TaxAccounting&Financial Planning From Yokohama

第一生命の株式割り当て

第一生命が4月1日に株式上場したことに伴って契約者の人に株式の割り当てを行っています。

  

第一生命は従来「相互会社」でした。相互会社とは、保険業法に基づいて設立され、もっぱら保険業を行うことを目的とする社団であり、保険契約者を社員とする法人をいいます。

  

それぞれの保険の契約者が顧客であると同時に出資者であったわけです。

  

今回、株式会社化するにあたって、顧客としての立場と出資者としての立場が明確になったわけです。

  

そのため、一定の計算方法によって契約者に株式が割り当てられたことになります。

  

さて、今回行われた株式の割り当て、整数株部分については1株14万円で割り当てられます。

  

割り当てられた金額は所得税では一時所得の収入金額になり、法人で受け取る場合には雑収入等で受け入れる必要があります。

  

端株などをお金で受け取る場合にも金額は異なりますが、考え方は同じです。

  

とにかく、割り当てには税金がかかります。

  

一時所得ですから、50万円の控除をした後の半分の額が所得となります。

  

給与所得者で年末調整で課税が終了している場合には、給与所得以外の所得が20万円以下の場合は申告不要です。

  

90万円以下の割り当てであれば申告不要となりますが、医療費控除などのために申告した場合にはこの特例の対象からはずれますのであわせて一時所得の申告も必要となります。

  

割り当てについては株式数と金額について葉書でお知らせがきていますので必ず、確定申告まで保存しておいてください。

  

詳細は第一生命のホームページに書いています。

【SPONSOR LINK】