カエル税理士の資格ライフ.com

成功よりもお客様の真のハピネスを心から願い、「学び、成長し、貢献する」という3つのサイクルでお客様に寄り添います!

誰に承継するのか

事業承継で誰に引き継いでいくかも問題になる。

まずは親族内承継。子供や配偶者、親戚など親族に承継するケース。他のケースに比べて周囲の理解が得やすい。

続いて、従業員や幹部など社内での昇格による承継。経営の承継はスムーズでも資産の承継はハードルがある。

そして、金融機関や得意先など社外から引っ張ってくるパターン。社外人脈はいかせるが社内の理解が得にくい。

これ以外にM&Aなどが考えられる。

【SPONSOR LINK】