資格ライフ.COM 

めざせサイドFIRE。資格取得とスキルアップ、資産運用でセミリタイアを目指すブログ

会計の目的はモニタリング

モニタリングとは、現状がその担当者や管理者によりタイムリーに把握され、あらかじめ設定された目標と比較、評価しギャップを明確にすることとされています。

会計システムを利用した現状把握はまさにこのモニタリングとしての機能を持つことになります。

PDCAサイクルの中で経営計画を立てることになりますが、この経営計画に基づく予算の達成度合いを確認し、比較、評価し、ギャップを明確にすることが会計の役割、そしてチェック(C)ということになります。

会計システムとしてモニタリング機能を果たせなければ、本来の会計の目的から外れることになります。

特に昨今の経営環境の中では管理会計のニーズが高まっていますから、企業の生き残りのためには会計システムをどうやって活用するかということがポイントになります。

不況を嘆く前に会計システムの再構築を検討してはどうでしょうか?

ペタしてね

【SPONSOR LINK】