資格ライフ.COM NO LISENSE NO LIFE

士業、コンサルタントとして生きるために自分がやってきたこと、仲間と一緒にこれからやりたいこと

離婚して財産をもらったときの税金

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

最近増加している離婚。離婚による財産分与や慰謝料には税金がかかるのだろうか?素朴な疑問ですよね。

お金を渡すのだから贈与税がかかるかも?というと通常はかかることはありません。

ただし、いろいろな事情を考慮しても多すぎる財産分与があった場合や、贈与税や相続税を不当に免れるために偽装離婚するような場合には贈与税が課税されるとされています。

そして注意が必要なのが、マンションの持ち分を譲り受けるような場合。

不動産については、分与した人(あげた側)に対して譲渡所得税がかかります。

この場合、譲渡収入は分与した時の土地や財産の時価されています。

この譲渡所得では居住用の譲渡の特例がつかえます。

通常は家族に対して譲渡するような場合には居住用の課税の特例は使えないのが原則ですが、離婚の場合にはすでに家族関係にないということで条件にさえ当てはまれば居住用の譲渡の特例が適用可能となります。

※詳しくは国税庁ホームページ タックスアンサーをご覧ください。

Q:離婚して財産をもらったとき 

  http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4414.htm

Q:離婚して土地建物などを渡した時

  http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3114.htm

【SPONSOR LINK】