資格ライフ.COM 

医師や弁護士などの専門家の経理、税務、資産形成を支援しています。税金、投資、資産形成に関する情報を紹介します-TaxAccounting&Financial Planning

休んでも、休まなくても…地獄が待っている?

暑くなってきました。

 

この時期になると考えるのが夏休み、サマーバケーションです。

 

お客様とも8月はカレンダー通りかどうか確認しながら次の日程を検討します。

 

当社でも有給をつかいながら各自休みましょうということになっています。

 

ただ、会計事務所の業務は月次単位でほぼ決まっているため休むためには他の日にしわ寄せがきます。

 

税理士試験を受けるとか、海外旅行に行くとか明確な目的があると頑張れますが、どうせだらだらするだけだと思うとそのために休み前後に頑張る気にもなりません。

 

この時期出かけても混んでるし、暑いし、高いし…

 

ということで入社以来夏休みというものをとったことがありません。

 

1日のなかでもこれがあてはまります。

 

それは、お昼休みです。

 

1時間マックスで休憩するのなら30分にして、その分はやく仕事を終えてあがりたいと思ってしまいます。

それでも定時にあがれることはないのですから。

 

さらに似たようなものとして、研修に出席するか、仕事をとるかというのもあります。

 

研修に出席すると明らかに仕事が進まずに残業や休日出勤になりそうなときにどうするか…というものです。

 

事務所から強制されているものならもちろん仕事の一環ですが、専門家として自分のための投資と考えると残業や休日出勤をしてでもでたいというものもでてきます。

 

また、休むのが上手い人、下手な人がいると思います。

 

 

ついつい頑張りすぎてしまう、仕事をためるのがストレスだから、それよりは休みをとらないほうを選んでしまう。

 

この時期になると毎年思います。

 

お休み上手な人になりたいですね。

【SPONSOR LINK】