資格ライフ.com

自分(資格と読書)と資産運用にレバレッジをかけて投資運用をして、ハイブリットに生きる!資格ライフハックブログ

イーハトーブの秋旅(大沢温泉編)

今回の旅の目的地である大沢温泉は花巻のちょっと奥まったあたり。

宮沢賢治記念館のある新花巻周辺からは少し離れていていましたが、なんとか明るいうちに到着できました。

こちらは3棟ある建物のうちの自炊部門である湯治屋の入口。実際は山水閣でチェックインした後で、建物の中を移動してから外にでて撮影したものです。

歴史のある建物でこれはこれで雰囲気があってよろしい感じ。

たまたま襖があいていた部屋を撮影してみましたが、こんな感じのようです。これが襖一枚を隔てて廊下なわけですから、大丈夫な人は大丈夫でしょうけど、そのつもりで予約しないといけませんね。

基本的には自炊なのですが、お食事処もあるし、売店もあります。お値段は割とリーズナブルで、長期滞在してもお財布的にはいいのかもしれません。

今回泊ったのは山水閣のほうなので、割と近代的なお宿です。お部屋の窓からはこんな感じに紅葉も楽しめます。

夕食はこんな感じで普通にちゃんとした懐石料理風のコース料理。今回は地ビールが付いたプランで予約しました。

大沢温泉の中のお風呂は数か所あるので湯めぐりを楽しむこともできて、とてもいい旅館。

露天風呂は混浴なのですが、当然ながら男しかいないわけで、離れの棟に繋がる橋から丸見えです。右下のあたり見えそで見えないように撮影していますが、実際にはばっちり見えています。

出川哲朗の充電旅でもこの大沢の湯がゴール地点として入浴していました。

夜はこの橋は利用されないのですが、夜の一部の時間は女性だけの時間帯を設けていました。泊り客はこの時間でこの大沢の湯を堪能することもできます。

まあこんな感じで、朝食はバイキングなのでまたまた取りすぎてしまうわけですが、ここも結構いい感じのバイキングでした。

www.oosawaonsen.com

 

【SPONSOR LINK】