カエル税理士の資産税研究ノート

横浜の相続税と事業承継に強い税理士法人、行政書士法人で働く税理士、行政書士、CFP、プライベートバンカーのブログ

100点満点しか意味がない

資格の勉強をしていると合格ラインのようなものがあって、6割とか7割とか…場合によっては5割くらいの正解で合格ということもあります。
 
仕事でもそうですよね。
8割でもいいから早く進捗確認したいこともあります。
 
しかし、税理士や行政書士など書類をつくる仕事は100満点が当たり前で、一言一句間違えは許されません。
 
定時まで時間いっぱいまで頑張ってから合格点くださいなんてありえません。
 
制限時間なんてなくて、徹夜してでもやり遂げるしかないのです。
 
学校や試験と実務はこういうところがちがいますね。

【SPONSOR LINK】