資格ライフ.COM No License,No Life

横浜の税理士法人、会計事務所で働く税理士、行政書士、CFP、プライベートバンカーのブログ

親族が後継候補者となるケースでは?

現経営者が後継者候補として真っ先に考えるのは親族であり、とりわけ子供に承継させたいと考えるケースが多くなります。

したがって、親族内承継は事業の承継方法の中でも最も基本となる形であり、経営と事業用資産が一体となっている中小企業としては比較的スムーズに移行が行われます。

一方で次のような課題もあります。

・後継者難のケース…子供が大学をでて大手企業に就職しているケースなど、家業を引き継ぐことに魅力を感じていないことも要因の一つとなる。

・後継者としての資質に問題があるケース

・現経営者と後継予定者の抱く会社の将来像に隔たりがある場合など、親子ゆえに対立が泥沼化するケース

・古参の役員との関係など、企業内のパワーバランスが後継予定者が入社することで崩れるケース

・後継者とならない子どもがいる場合、兄弟間のバランスにも考慮が必要となるケース

【SPONSOR LINK】